忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2020 / 01 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
ツクシスミレ

 毎年のように出掛ける九州。今年は鹿児島でかわいいツクシスミレに出逢うことができました。先ず、丸い花弁は中央が黄緑色で周辺が淡いピンク色、そしてニョイスミレ並に小さい姿から、かわいいという言葉しか浮かんできませんでした。
 早咲きとは言え、桜前線予報を聞く度に、これは早すぎるかなぁという懸念が浮かんでは消え・・・。最初の訪問地で株自体は確認できていたのですが、移動した午後になってやっと花一輪を探し当ててホッとしました。県内を一回りして最終日にも同じ自生地を訪ねましたら、花が殖えていました。今回、3ケ所の自生地を確認できましたので、もう御の字というヤツですね。

PR
タカネスミレ

 こんな砂礫地に生育するすみれも珍しいでしょう。ここは土壌の養分が乏しい上、凍結と融解を繰り返し、強風が吹き、一日の気温差が著しいという見掛け以上に厳しい環境の高山です。花期、下界は汗ばむ季節なのですが、ここは一瞬でガスに覆われ、激しい突風が吹き荒れました。そんな追いつめられたような地に咲く孤高のすみれがタカネスミレです。
 北海道、岩手山、八ヶ岳等に見られ、極端な隔離分布という見方もできますが、そこに取り残されたと理解した方が素直だと思っていました。高山植物全般に関わる資料で「氷河遺存種」という概念があることを知り、これに違いないと思っています。でも、氷河期とは斯くも厳しい気候環境だったのですね。

キバナノコマノツメ

 キバナノコマノツメが、これだけの大株でブーケのように花を咲かせている姿は比較的に珍しいと思います。一般的には、そちらにポツポツ、こちらにチラホラと長めの顔を見せている姿が多いような気がします。なにしろ、学名の "biflora" は「二つの花」を意味します。すみれの世界のニリンソウ(二輪草)ということでしょうか。
 一方、和名の話ですが、実は「コマ」が「駒」、即ち「馬」を意味することを下手に知っていたことが災いして、勝手に『馬面のすみれ』なのだろうと思っていました。「ツメ」が「蹄(ひづめ)」を意味することに気が付けば良かったのですね。葉の形状が蹄に似ていることに由来するのです。物事は最後までツメ(詰め)なければならないという落ちでした。(=^_^=)

キスミレ

 富士山周辺で可憐なキスミレに親しみながら、一方で「裏山一面に咲く」という阿蘇のキスミレに対する憧れが強くなっていました。一度、仕事帰りに阿蘇まで足を伸ばしてみたことがあったのですが、時期が早くて雪に降られてしまったことがあります(笑)。
 それから7年後、きちんと情報武装して、キスミレに出逢うことを主な目的として出掛けた阿蘇くじゅう国立公園一帯では、探すまでもなく、野焼きされた山々が黄色いすみれで覆われていました。近づいて撮ろうとすると足の踏み場もないという状況です。花の形状が微妙に違うように感じましたが、気のせいでしょうか。

キスミレ

 店頭で初対面を果たしたキスミレでしたが、次に黄色いすみれたちを見たのは展示会での鉢物でした。やはり自然の中で咲いている姿が見たくて、少ない情報をかき集めて東海地方まで出掛け、空振りに終わったことを覚えています。二輪でふらっと遠出するクセがついたのは、この時期ですね(笑)。
 やっと自然の中でキスミレと出逢うのは、すみれ仲間と富士山周辺に出掛けた時のこと。その後は次々と出逢いがありました。後で思えば、東海地方まで出掛けた帰路でも同じ時期に同じ場所を歩いていて、もしかしたらニアミスがあったのではないかと感じています。写真は何度も出掛けた富士山周辺のキスミレで、ポツリポツリと咲く傾向があります。

スミレ(白変種)

 比較的スッキリした面持ちの白いすみれですが、これって何者だったかなぁ、と考えていました。札の文字が読めないのです。
 へら型の葉からスミレ(白変種)が想定されますが、育てていないし、翼が目立ちませんね。花茎が長くて、2年程育てているシロバナリュウキュウコスミレという線も考えられますが、葉がもう少し三角(披針)形かな。アリアケスミレ(白変種)もあったはずですが、ちょっと花弁の雰囲気が違います。シロスミレでもない・・・。
 ああでもない、こうでもないと悩む探偵ドラマのようですが、どうやら、2シーズン前に播種して、やっと咲いたばかりのスミレだったようです。実は育てていたんですね。

コボトケスミレ

 雪国で生まれ育ちましたが、未だに冬も雪も苦手です。わざわざスキーに出掛けたりせず、すみれたちが咲き出す春までジッと待つ方が好きですね。(^^*)
 でも、ふわっとした大きな雪の塊がゆっくりゆっくり舞い下りてくるような日は余り寒くないのですよ。このコボトケスミレはぼた雪を思い出させる雰囲気を持っているようです。それから、よく見ますと、花の中央部にうっすらと淡い紫色や黄色っぽいボカシが見えていますね。以前、もう少しスッキリした白花を咲かせるコボトケスミレを見せていただいたことがあります。どうやら花のイメージには幅があるようです。

タチスミレ

 ひょろひょろのっぽと表現してしまったタチスミレです。タチスミレさんに失礼千万なのですが、下の方が写っていないというだけでなく、これでも最大到達点に対してまだ半分程度の草丈なのですね。撮影時点の草丈は膝に届かない程度ですから、せいぜい45cmと考えて良いと思いますが、ここからも更に伸び続けて、最終的には100cmに到達するケースもあるのです。
 写真程度の草丈でも、雨や強い風に晒されますと、時には簡単に倒れてしまって復元に時間が掛かります。蔓植物ではありませんので、巻き付く訳にもいかないのです。

タデスミレ

 細めの白い花が小さく見える程にノッポなのはタデスミレです。これでも下の方が写っていないのですから、日本で一般的に見られるすみれのイメージからは懸け離れていますね。
 名前が似ているタチスミレはもっとノッポになるのですが、茎がひょろひょろなので、周囲の葦などに寄りかかって立っているようなものです。一方、タデスミレは、命名の由来となった蓼や笹に似た太くてしっかりした茎を持っていて、文字通り「自立」している訳です。(o^-^o)

コミヤマスミレ

 高尾山に咲いている白いすみれと言えば、タカオスミレの他に、遅い時期に咲き出すコミヤマスミレが挙げられますよね。タカオスミレはヒカゲスミレの品種だけあって、湿り気のある西側斜面や暗めの林下等に多いのですが、コミヤマスミレは更に湿度が高くて暗い場所がお気に入りです。
 高尾山の場合、自生地に研究路が通っているのですが、ここにすみれが咲いていることを事前に知らなければ、往々にして気が付かないままで通り過ぎてしまいます。目立たないだけでなく、既に周辺の草たちが大きくなって、その姿が隠されてしまうという理由もあるのでしょうね。

最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]