忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
イブキスミレ

 富士山が間近に見える絶景の地は、その標高から、まだ春が浅い場所でした。太陽の角度が下がって、もう少しで撮影も難しくなる頃、最後に軽く旧道を 歩いてみることにしたのですが、なんと嬉しいハプニングで、イブキスミレの芽生えを観察することができました。
 イブキスミレは極めて早咲きなので、多くのすみれたちを期待してやって来る時期には、既に花が終わっていることもあります。うまく時期が合えば、車 の中からでも分かる程にこんもりと大きな葉を展開していて、その傘の下で花が見え隠れする姿が見られるでしょう。ただ、自生地が遠いこともあり、これまで芽生えの様 子を目にする機会はありませんでした。これはまさしく「嬉しいハプニング」だと思います。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季 の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」 「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」 には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
PR
エゾアオイスミレ

 友人に誘われて出掛けた先から移動して、通算300Kmも走った場所で、大きな期待はせずに周辺をウロウロしてみました。明るい林に咲くすみれたちは芽を出したばかりか、全く姿かたちがない状態なので、少し暗い山道を歩いてみました。すると、期せずしてエゾアオイスミレの花に出逢ったのです。
 この地にエゾアオイスミレが自生することは知っていましたが、何度も通っているにもかかわらず、花を見たのはなんと4回目です。そうか、たくさん咲くのは今頃なのかと再認識しました。ただ、明るい林縁に生育することが多いと思っていたのですが・・・。ふと、上を見ると、まだ頭上の樹木が葉を展開していません。なるほど!ここでは微妙な時期に花を咲かせていたのでしょうね。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
トウカイスミレ

 ケイリュウタチツボスミレへの移行型風なタチツボスミレや、白が強い花色のタチツボスミレを観察して、次はどこかなぁと友人に問うと、「この辺だと、ここだけだね」ということを言うのです。千葉から東京を抜けて神奈川の端、ほぼ静岡まで来ているのですよ。やはり、意外性の人物には違いありません。(´ー`)
 それならと、静岡を超えて山梨まで足をのばしました。今年は気温が低いので、ある程度は想像していたのですが、富士山周辺のトウカイスミレは葉が展開したばかりです。まぁ、もう少し大きくなると花を咲かせる極く小型のすみれです。友人に余りなじみのない種を見せることができて良かったということにしておきましょう。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
アイヌタチツボスミレ

 栽培品ですが、アイヌタチツボスミレをしっかり観察したのは、記憶では今回が初めてでした。とても締まったイメージです。正確には、品種であるアポイタチツボスミレを先に観察できているのですが、まだ消化不良かも知れません。この両者について、少し違うイメージを抱いています。パーツ単位の特徴は了解できましたが、全体イメージが掴み切れていない感じがして、早い段階で自生品を観察したいと思っています。
 この展示会は終わってしまいましたが、今週末から最終末が今年の展示会のピークになります。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
ナルカミスミレ

 エイザンスミレを見る時は特徴的な葉に目を取られがちですが、ヒトツバエゾスミレという姿で単葉化すると、品の良い花の方がクローズアップされる気がします。更にナルカミスミレという色合いになるとスッキリ感が出て別種のようですね。昨年、そのナルカミスミレで知られる鳴神山に出向いてみました。ヒトツバエゾスミレが普通に見られるのですが、葉の形状が多種多様でおもしろいですよ。この写真のように全て整った披針形をしている方が逆に不思議な感じがします。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
ヒトツバエゾスミレ

 今年のベースカラーは少し強めのピンクですが、それに負けない鮮やかな花を咲かせているヒトツバエゾスミレを展示会で初めて観察できました。エイザンスミレの変種ですから、このような花があっても不思議ではないかも知れません。でも、なんとなく思うのですが、これはエイザンスミレとヒトツバエゾスミレを人為的に交配して選別したものではないでしょうか。2色咲き風にも見えます。この辺が展示会の楽しみですね。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
オリヅルスミレ

 素直に細長くて白い花が、赤味を帯びた長い花茎の上で咲いています。濃緑色で小さい丸葉が地を覆うように拡がり、茎の基部から、花茎よりも太めのストロンを出して更に拡がっていく。オリヅルスミレは本当にユニークな特徴を持ったすみれです。
 この野生絶滅種は、試行錯誤の結果、熱帯・亜熱帯都市緑化植物園(沖縄県)、広島市植物公園、新宿御苑(東京都)、岡山市立半田山植物園、フラワーセンター大船植物園(神奈川県)、筑波実験植物園(茨城県)などに分散して、一定量の株を保持しています。ヤエヤマスミレ等も同じですが、夏も涼しい渓流沿いの植物なので意外にも暑さには弱く、気温に対して気難しい性質らしいのです。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
ヒゴスミレ(白変種)

 興味深く観察していたのはヒゴスミレの白変種です。元々、普通は白い花を咲かせるすみれですが、所謂「青軸」の個体は初見でした。展示の説明書きには「わずかに色がのる」と記載されていたのですが、どう眺めまわしても分かりません。花の中心部に緑色が見えていましたが、それって白変種でも普通に見られるのではないでしょうか。
 展示室の窓位置の関係なのか、全体がヒョロっとした花茎が同じ方角を向いており、極めて不自然な構図です。自生地では花があちこち好きな方角を向いていることが多いので、撮影しようとする時には「ほらっ、みんな撮るよ!」と声を掛けたくなります。一方、この鉢たちの場合は、一日に一度でも鉢の向きを変えてあげたくなりますね。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
イソスミレ

 日本に自生するすみれの中で、ユニークさにおいてはトップクラスではないかと思われるイソスミレです。見た目は花色の濃いオオタチツボスミレ、それが矮化した(つまり縮こまってしまった)姿です。その分だけ株立ちの数が増えて、おしくら饅頭の状態でしょうか。でも、ユニークというのは自然の状態で目に見える部分の話ではありませんよね。
 乾燥した砂浜でも、少し掘ると砂に湿り気があります。ただ、根をそれなりの深さまで下ろさないと水分の安定供給は難しいかも知れません。第一、砂があるということは、ここまで海水が来るということに他なりません。若い株の横を掘り下げて調べてみたことがありますが、確かに根はそれなりの深さがありました。水分を確保して、更に海水に流されないように根で踏ん張るイソスミレ。でも、他の追随を許さない最も優れた特徴は「個体寿命の長さ」なのです。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
ウスバスミレ

 初めてウスバスミレを観察できた時の写真が出てきました。当時、標高2,000m級ですみれが花を咲かせているという感覚を持ち合わせていなくて驚き、そして自生地の独特な雰囲気にも驚いたものです。高山に咲くすみれと言えば、今なら、タカネスミレやミヤマスミレ等を頭に描きますが、ウスバスミレは一風変わった風貌をしていると感じました。
 ユニークな存在ですよね。つまり、チシマウスバスミレを除けば他に似たすみれが見当たりません。花の色は陰りのある薄紫色、鋸歯が醸し出す雰囲気も独特なものがあります。なによりも、もののけが棲んでいそうな苔生した高山の森に自生していることです。ただし、これは中部地方を念頭に表現しています。東北・北海道でも出逢ってみたいですね。全く違う雰囲気の山々に咲いているのではないかと想像を膨らませています。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]