忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2016 / 08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
アカネスミレ

 全国各地で出逢うことができるアカネスミレには、比較的多彩な変化がありながら、全体イメージから直感的に同定しやすい傾向があります。ところが、九州と北海道で出逢った艶やかな個体群には、とても驚かされてしまいました。
 どうしても見たかったキスミレの群落を求めて大分から熊本を散策した時、ふと、出逢ったアカネスミレ。それは、火の国で見知らぬ種に出逢ったのかとドキドキしたほどでした。変化していく茜の空の色とは、見事に表現したものだと思います。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
PR
アソヒカゲスミレ

 アソヒカゲスミレ、おもしろい形の葉を持つヒカゲスミレの変種です。高森で佐藤武之氏の『阿蘇の野の花』という書籍に出逢い、その時から、アソヒカゲスミレをずっと意識していました。機会があれば佐藤氏を訪ねたいと思っていたのですが、そんな思いに至った頃、佐藤氏の訃報を知ることになリ、実現できなくなってしまいます。
 しばしば熊本に出掛けていた理由の一つがアソヒカゲスミレだったのですが、なかなか自生の株に出逢うことができずにいました。それが、熊本のすみれ好きさんたちとの出逢いで、突然、実現します。出逢いを大切にしたいですね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
スミレサイシン

 各地で見られるスミレサイシンは、その自生地毎に少しずつ違う印象を与えてくれます。写真の撮影地は白馬村。この地のスミレサイシンは「とても元気な印象」とでも表現したら良いのでしょうか。ヤワな感じは全くありませんね。
 ただ、葉っぱがヘニョヘニョですね(笑)。花後には葉もしっかり立ち上がり、もう少しキリッとしてくれることでしょう。実は、ウスバサイシンの葉に似たハート型なのです(ウスバサイシンって?という方の方が多いかも知れませんが)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
イブキスミレ

 こちらはイブキスミレの花後の姿です。やはり、ちょこんと果実が頭頂部で膨らんでいます。閉鎖花由来の果実ですね。
 ご承知の通り、イブキスミレという変わり者は、花期には根元から花茎を上がる性質のすみれですから、開放花由来の果実ならば、頭頂部で見ることはできないという訳ですね。間が悪くて、花期が終わる頃に見られる閉鎖花をしっかり観察できていませんが、間違えて花が開いてしまった姿なら、運良く見たことがあります(笑)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
オオタチツボスミレ(白花)

 ずい分前から我家の庭で世代を重ねているオオタチツボスミレ(白花)です。花期を終え、頭頂部で、ちょこんと果実が膨らんでいます。閉鎖花由来の果実も、開放花由来の果実もあるのでしょうが、これは前者だと思っています。
 花期の様子を思い出してみると、開放花由来の果実にしては花茎が少し短い印象を持ちました。また、時間経過からの推測ですが、開放花由来の果実は既に炸裂済みかと。花の時期に目印でも付けておけば良かったですね(笑)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・アルベンシス

 少し前に花を終えたヴィオラ・アルベンシスです。開花している多くの花と、緑色にふくらんださく果、炸裂した茶褐色のさく果が同時に見えていますね。この写真からでも、繁殖能力が桁違いだということが分かります。
 この個体は今年発芽した株ですが、既に他のすみれたちを凌駕する草丈に育ち、開放花による次世代の種子を生み出している訳です。早春一番に発芽して、夏場最後まで花を咲かせる「したたかさ」には驚いてしまいます。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヒバントゥス・コミュニス

 この時期に一心に花を咲かせるヒバントゥス・コミュニス。我が家に数個の種子がやって来てから、今年で10年目になります。当時は日本の風土でも何とか育てられるスミレ科の木本種として、僅かな情報があるだけでしたね。
 試行錯誤的に栽培を続けながら、観察記録を付けていたようなもので、やっと花が咲いた時、初めて果実が炸裂して黒光りする種子が顔を覗かせた時、それぞれのシーンを、今でもよく覚えています。最近は室外で越冬できる個体も多くなり、日本の風土にも我が家の庭にも慣化したようです。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
イシガキヤクシマスミレ

 すみれ展に出掛けて、ついつい購入してしまったイシガキヤクシマスミレです。以前に栽培したことがあったヤエヤマヤクシマスミレと同じイメージで育てていたのですが、結果的には意外に違いがありました。一気に葉っぱが山盛りになり、花だらけになると予測していたのですが、実際にはかなり「こじんまり」としています。
 八重山諸島産のよく似たスミレ達は、外見的には葉の形状がちょっと違うだけの近縁種なのですが、相互に交配すると見事に不稔のようです。果実が膨らむ姿を、ついに見たことがありません。存外、「小さな違い」ではないのですね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
シロバナエゾノタチツボスミレ

 こちらは古称で蝦夷地、北海道・道東のシロバナエゾノタチツボスミレです。撮影地の標高はやっと20m程度でしょう。海岸の原生花園でも多く見られます。当然、草丈は高いのですが、周辺にそそり立つ蕗(フキ)が太すぎ!^^
 淡い空色の花も見られます。違いは花色だけですが、甲信越エリアでは、白花は草丈が少し小さめだったり、花びらが丸めだったりする傾向があると言われていますね。

 橋本保先生はエゾノタチツボスミレについて『学名の上からは白花が基本型』と語っています。古い国内資料では白花の品種自体が登場しません。エゾノタチツボスミレの白花とシロバナエゾノタチツボスミレは「別モノ」という情報に触れてびっくりぽんでした。
 素直に、かつ常識的に考えれば、まぁ、分ける必要があるとは・・・。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
シロバナエゾノタチツボスミレ

 きりっと立ち上がる白いエゾノタチツボスミレです。シロバナエゾノタチツボスミレという長い名前で呼んでも良いタイプですが、中間的な花色も含めて個体数が多く、まぁ、大きな差異ではなさそうですね。
 実は、写真はとても古い代物でして、なんと12年前の撮影です(笑)。
 近隣には淡い空色の花を持つ個体も見られます。エゾノタチツボスミレは草丈が極めて高くなる性質のすみれですが、この自生地では特に高くなる傾向があるなぁと思っています。
 他の自生地で見られる個体も草丈は高いのですが、ここまでにはならないという印象です。勿論、全国津々浦々を観察できている訳ではありません。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]