忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2018 / 06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
[663] [662] [661] [660] [659] [658] [657] [656] [655] [654] [653]
トウカイスミレ

 さて、また夕日と追いかけっこでトウカイスミレの自生地にたどり着きました。先週の様子では、まだ花は咲いていないだろうという予測の一方で、それでも一輪なら咲いているかも知れないという期待があったのです。
 今日は3人連れになって、地面を這うようにして探してみました。カラカラに乾いた昨年の落葉の下から小さな葉が顔を出しているのですが、花は見当たりません。やっと1mm程度になったばかりの蕾を見つけたところで、諦めムードが漂います。その時、連れが「あれー!」みたいな声を出すので、その方向を確かめてみると、おや、白い花が一輪咲いているではありませんか。
 友人は2年越し3度目で、やっとトウカイスミレの花を目にすることができたのです。とても小さいのですが、写真では大きさが今一つピンと来ないことでしょう。花の後ろの丸い葉が直径約11mm、手前の葉になると直径約7.5mmというところです。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
PR
Add a comment:
name
title
e-mail
URL
color
comment
pass
Comment:

NYANさん、おひさしぶりです
前の記事、いくつか拝見しましたが、珍しいスミレばかりですね。
スミレはやっぱり、自然の中で見るのが一番。
枯れ葉の下から顔を出すかわいい子をみつけた瞬間は、なににも変え難い喜びです。
私は、春の歩き始めのときだけ、スミレ探しに熱中します(笑)
ぐーちゃん URL 2011/05/10(Tue) 09:36 edit res
Re:NYANさん、おひさしぶりです
こちらにもコメント、ありがとうございます。

このトウカイスミレは小さくてなかなか見つかりません(笑)。
珍しい方かも知れませんが、愛媛県にはたくさん自生していました。

>スミレはやっぱり、自然の中で見るのが一番。

本当ですね。
できるだけ出掛けたい、ということで、昨夜遅く帰ってきました。

春の山歩きでは、すみれの花も楽しみになることでしょう。
友人は、すみれを気にするようになってから、半分の距離しか歩けなくなったそうです。
上から横から写真を撮りまくるのですから、そりゃあ、仕方がない。
まぁ、山歩きの楽しみ方もそれぞれですね。

ありがとうございました。
NYAN 2011/05/16(Mon) 11:50

Trackback:
Trackback URL:
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]