忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
サクラスミレ

 デジタルカメラとフィルムカメラ両方を持ち歩いていた頃、両方のカメラで撮影した上、ビデオカメラも回していましたので、ごいっしょいただいた方々には、移動が遅くて、ご迷惑を掛けてしまったと思います。急いでフィルムカメラをセットして撮影していましたので、意外に手ブレ、前ピンとか、初歩的なミスもありました。
 少し明る過ぎるようですが、まぁまぁ、撮れていたのは高原のサクラスミレです。一面に花が咲き乱れている絶好のタイミングで出逢ったと思っています。余裕で表情の良い個体を探して撮影しました。被写体が少ない状態での撮影とは気分的に違いますね。その後、同じ場所を観察しても個体数はいつも疎らでした。千載一遇、一期一会、その時々の出逢いがとても大事なのですね。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
PR
ナルカミスミレもどき

 もう一月前になる5月初旬のことですが、意を決して、日帰りで鳴神山(群馬県)へ行って来ました。出掛けた経験のある方はご存じと思いますが、妙に回り込み難い位置に存在する山です。機動性を考慮して二輪で出掛けたのですが、相当に時間が掛ってしまい、到着して登り始めた頃は既に下りてくる方が増える時間帯でした。
 幸い比較的低い位置でも多くの個体が観察できましたが、もう葉ばかりです。懸命に標高を上げようにも、まぁ、たかが知れていますが、息が荒くなった頃、白い花を幾つか見掛けました。さて、写真はその一つで花は終わりかけですが、植物体全体が群を抜いて大きいのです。葉はヒトツバエゾスミレ風ながら左右対称の整った形をしていました。自然交雑種かも知れません。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
コミヤマスミレ

 すみれ遍路道で最も感激したヒットは、このコミヤマスミレかなぁと思います。白い斑が見られたり、葉の変化が著しいコミヤマスミレが九州に自生していることは、書籍やwebサイト情報で知っていました。うっかりしていました。四国にも自生していたのでした。
 そろそろ疲れが出てきた山道で、突然、白い花が見えました。下で観察したシコクスミレではない、花は似ているけれど、ニョイスミレではない。出掛ける前に東京で蕾だけを見て、開花株を見損なったコミヤマスミレでした。小躍りしながら、ああでもない、こうでもないと眺めまわすので、そこを通り掛る皆さんが「何ですか?」と声を掛けていきます。興味の問題ですが、見方を変えると、ただの目立たないすみれには違いありません。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
シコクスミレ

 四国を旅したのですから、シコクスミレと出逢うのは当然と語って良い話なのでしょう。でも、目の前に現れてから「あらら、シコクスミレがあるんだ」と実感する始末でした。
 とても暑くて、標高1,000m程度では葉ばかりでしたが、数は斜面を覆うほどで、かつ広範囲に見えるようです。気を良くして、どんどん登るに連れて葉も次々に登場します。更に標高を100m程度上げると花が登場するようになりました。飽き足らずにどんどん登ると、そこにもここにも花が咲いていて、また歩けば多くの株が・・・。さすがに興奮が覚めて、なんだか、姿を見るだけで飽きてしまう感覚に陥ってしまいました。贅沢な話です(笑)。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
トウカイスミレ

 すみれを探す四国の旅から戻りました。丸一日掛けて情報を整理した後、個別には何から手を付けようかと困ってしまいましたが、この旅では想定外だったトウカイスミレから始めることにします。
 とても暑くて、原則として標高1,000m未満を捨てて走り回ったようなものですが、太陽がさんさんと降り注ぐ高原にたくさんのトウカイスミレが咲いていました。暑さは全然平気な様子です。とても小さくて、一円玉に乗るようなサイズが標準かも知れません。戻ってから調べたところ、花びらが白くて細めとのこと。確かに、その特徴が見られるようです。富士山近隣の自生地で見る個体と大きな違いはないのですが、とにかく個体数が多いことにあきれてしまいました。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
コミヤマスミレ

 友人の説明が適切だったので、奥多摩で歩きまわる所要時間が予め計算できました。それで、一通り見ることができたら、高尾山(東京都)へ移動することを想定していたのです。気温がとても高いので、コミヤマスミレが咲き始めているかもしれません。
 ただ、コミヤマスミレは暗い場所に咲くすみれですので、日が傾いてしまうと見つけ出すのも撮影するのも難しくなります。でも、予想より到着が遅れて、左右の山が高い沢沿いの道は明るいという訳にはいきません。それでも、早い段階で葉が展開しているのを見つけましたが、花が見当たりません。最終的にはもう2~3日で開こうとする白くなり始めた蕾を幾つかみつけましたが、開花株を探し出すことはできませんでした。おそらく、今日は花を咲かせていることでしょう。連休でもあり、もう一度出掛けようかと思うのですが、都内を抜ける片道100Kmはなかなかたいへんなのです。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
シコクスミレ

 昨年、旧知の友人が写メで「すみれを撮った」と送ってきたのが、なんとシコクスミレでした。ほぼ同じ頃、やっとシコクスミレを見つけたばかりだったので、驚いてしまったことを覚えています。その友人と待ち合わせて、奥多摩(東京都)を歩いてみました。
 運転が苦手な方は出掛けない方が良さそうな山道の一角に駐車スペースがあります。そこから谷へ下り、転げ落ちそうな沢沿いの狭い道を上り、ちょっと汗ばんだかなというタイミングでシコクスミレの登場です。正確には特徴的な葉が目に入って、周囲を見渡すと白い花が咲いていたという感じでしたが、たくさん咲いていて嬉しくなりました。ただ、花の様子が昨年と違います。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
キスミレ

 以前に訪ねた時と微妙に季節が違うのか、大分のキスミレたちは比較的に数が少なめでした。ただ、少ないと言っても、根本的に自生している株の数が他の地域とは「桁違い」ですから、そのつもりで想像して下さい。
 ところが、県境を越えて熊本に入った途端に、山一面をキスミレが覆うような光景が目立つようになりました。阿蘇にキスミレを見に行くという話をしますと、時折、「どの辺に咲いているのですか」と尋ねられるのですが、場所を特定して説明する必要がありません。季節さえ間違えなければ、涼風を受けてやまなみハイウェイをゆっくり走って下さい。それだけで分かります。ただ、写真を撮影している様子を見て、初めて花に気づいたという方もいらっしゃいました。広大な風景と比較するならば、小さくて目立たない存在なのかも知れません。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
キスミレ

 3年ぶりでキスミレが咲く阿蘇・くじゅう国立公園を縦断してきました。今回は、田舎の母親と姉に雄大な景色を見せたら喜ぶかなぁというのが基本的な趣旨ですから、それなりに観光もしていますが、どうしてもすみれの時期に旅を計画している自分がいます(笑)。
 今年、野焼きで事故があった大分のキスミレたちです。経験豊富なボランティアさんたちでも、絶対安全という訳にはいかない危険な作業です。それから、相当の人数を要するという側面もあり、天候を見て、簡単に翌日に順延という訳にはいかないのだろうと想像します。この方々のおかげで美しい景色が守られている、そういう条件付きの自然なのです。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
キスミレ

 富士山を望む桜の丘に群れるキスミレが可愛いですね。週末を利用して富士山周辺で開花が少し早いすみれたちを見てきました。このエリアは標高差もあり、同じ時期でも多彩なすみれたちが咲き出しますが、ざっと開花が早い種と遅い種に分かれます。ゆっくり紹介したいところですが、明朝、また出掛けてしまいますので、とりあえず概要のみ。
 ご覧の通り、キスミレは元気いっぱいで、フモトスミレも咲き出しています。エゾアオイスミレが絶頂期、ヒナスミレやイブキスミレは咲き出したところ、場所によってはエイザンスミレやナガバノスミレサイシンも咲いていましたが、ニオイタチツボスミレは間違って咲いちゃった感じでした。トウカイスミレは枯葉から小さな葉を出したばかり、ゲンジスミレは残念ながら開花情報に反して葉も見つけられませんでした。あちこちでソメイヨシノが満開だったことを基準に、各地との気温差を想像していただければと思います。


<紹介>趣味のサイト「花の写真館」は、基本サイトの「四季の山野草」、そこから独立した「すみれの部屋」「イカリソウの部屋」、サイドストーリー「野の仲間たち」等で構成されています。特に「すみれの部屋」には多くの方に訪問いただきました。サイトの一部「徒然草=つぶやきの棚」をブログで再現しています。
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]