忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ヴィオラ・ソロリア 'フレックルズ'

 ヴィオラ・ソロリア 'フレックルズ'を拝見するたびに思うのですが、どうして、こんな模様ができたのでしょうか。模様の入り方に理由があると考えること自体が変なのかも知れませんが、そんなことを考えてしまいます。発端はウィルス性の病気に近いものだったり・・・、まぁ、それが遺伝する訳がないかな!
 植物の斑入り葉などは珍重されますが、細胞の葉緑素が形成不全という見方もある訳ですから、喜んでばかりもいられません。でも、花びらの斑点はきっと単なる模様ですよね。その上、この花の場合は昆虫たちに蜜のある位置を教えるというガイドマークにも見えません。はっきり言って、この斑点は単にカワイイだけの存在です(笑)。特段の理由もない遺伝的性質が子孫に引き継がれるのは、園芸植物の特質と言えるでしょうね。


[お知らせ] コメントを集約させて下さい。
いただいておりますコメントですが、分散するより集約した方が良さそうな気がします。
できましたら、以下のサイトの画像掲示板をご利用いただけますようお願いいたします。
<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
PR
パルマスミレ

 展示会の花たちがずーっと続いていますので、少し息抜きに園芸店からの話題です。少し前に登場したばかりのパルマスミレですが、蕾と萼を中心に観察してきました。以前に、萼が6枚の花を見てしまって、やはり気になる訳です(笑)。
 まだ、花をつけていない蕾がツルンとしていて、角度によってはすみれらしさが感じられません。時間をかけて丹念に観察してみたのですが、やはり、距が間違って出ている花はなく、もう完全に忘れ去られちゃったようです。一方、まだ花茎が伸びて垂れ下がる前には、ギリギリすみれらしさがあります。でも、伸びてくると、まるでイチゴのようにビローンとだらしない姿になります。こうしてみると、葉はオドラータに近い形状ですね。あ、ところで、萼についても数が多い花がないかと探しましたが、皆、まじめに5枚でした。


[お知らせ] コメントを集約させて下さい。
いただいておりますコメントですが、分散するより集約した方が良さそうな気がします。
できましたら、以下のサイトの画像掲示板をご利用いただけますようお願いいたします。
<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・ソロリア(アリスウィター)

 以前、園芸店で良く見かけたのですが、どうした訳か、最近はあまり見かけません。よく増えるので、有難味が薄れて商品価値まで疑われているのでしょうか。意外にカワイイ外来種のヴィオラ・ソロリア(アリスウィター)です。性質が強健で繁殖力が強く、花は大きめで花期が長く、花数も多い。園芸対象となるスミレ科の植物としては、パンジーの仲間に次ぐ素質があるのではないでしょうか。
 鉢植えでもよく育ちますが、明るい庭に地植えにすると一面に繁茂することもあります。そんな光景を青森で何度か見掛けました。北国での冬越しも問題なさそうですね。この仲間は、日本の風土によく合うようで、うっかりすると逃げ出して、街中から山の中まで大繁殖してしまう強者でもあります。


[お知らせ] コメントを集約させて下さい。
いただいておりますコメントですが、分散するより集約した方が良さそうな気がします。
できましたら、以下のサイトの画像掲示板をご利用いただけますようお願いいたします。
<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ニオイスミレ

 樹脂系の小ぶりなプランターにどっと植え込んであるのはニオイスミレ( Viola odorata )です。特に欧州で珍重されている種で、香料を採取したり、砂糖漬けにされたり、そのままブーケとして街で売られていたりする生活に密着した植物らしいのです。
 多くの園芸品種が生み出されていますが、この紅色が強い花は 'Opera' と呼ばれている系統です。日本でも多く流通していて、冬の終わりにお手頃価格で手に入りますが、日本のけだるい夏を生き抜くことは難しいようですね。白っぽい褐色の大きな種子ができますので、うまく採取して実生から育てたいものです。うっかりしていると種子を蟻さんが持ち去ってしまいますので、気を付けて下さい。一度休眠してしまうと、休眠打破は難しくて発芽率は高くないような気がします。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・バンクシイ

 熱中症を心配するような季節にも花を咲かせていたヴィオラ・バンクシイでしたが、10日間程、花を見ていません。葉は青々と茂っていますが、バテ気味らしく、ちょっと夏休みをとることにしたようです(笑)。四季咲きという説明がついていることがありますが、正確には春と秋の二季咲きというところでしょうか。
 写真は、昨年、ランナーの先に根が出たところで分けた子株です。親株の方は少し弱っていたのか、うまく越冬することができませんでした。種子はできませんが、このような栄養体による栄養繁殖(生殖)で活発に殖えます。切り離せば子株ですが、どこまでが親なのでしょう?いつも不思議に思うのです。それぞれの株には寿命がある訳ですが、ランナーから切り離したり、挿し木、根伏せをすれば新しい世代として寿命のカウントはリセットされるようです。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・ラブラドリカ

 葉が「濡羽(ぬれば)色」とか「鉄紺(てつこん)」とでも表現したいヴィオラ・ラブラドリカ、つまり、ヴィオラ・リヴィニアナです。関東でも雪がチラつくような時期に、花を付けて店頭に並んでいることがありますね。その頃の園芸誌に登場するパンジー・ビオラの記事で、ヴィオラ・オドラータやソロリアとともに「宿根ビオラ」と紹介されることがあります。
 店頭では真冬にも関わらず、次々に花を咲かせていたので、内心、「もしや!」という期待もあったのですが、自分で普通に育てる限り、真冬に花を咲かせることはありませんでした。今年は、幾つかのオドラータを種子から育てています。少し花期が早めだと思いますが、今のところ、他のすみれたちと大きな違いはありません。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
シロコスミレ

 一斉に左の方を向いて白い花を咲かせているのは、庭の立体棚に定着してしまった感のあるシロコスミレです。植えているのは大きめの平坦な鉢だという目で見てほしいのですが、名前に反して、比較的大きな花を咲かせていることになりますね。
 余りに強健な性質で、ほとんど手がかかりません。はっきり言って、放ったらかし!でしょうか。日差しを見て日陰に移動するなんてこともなく、種子を確保して取り蒔きをするなんてこともなく、植え替えの時期になると、あちこちに飛び込んで我が物顔をしているスロコスミレの株を大きな鉢にまとめて植えるだけです(笑)。それでも、ご覧の通り、すっきりした美しさを持つすみれに違いありません。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・ソロリア 'フレックルズ'

 今日は帰ろうという日曜日は朝から晴天でした。奥羽山脈が良く見えていたのですが、山肌に春を告げる「ハル」の雪文字がまだ浮かび上がっていません。本当に春が遅れているということでした。
 実家の庭には姉がせっせと花木を植えていて、数年前からは、すみれにも凝り始めた模様で、あちこちで花を咲かせています。それらの姿を観察すると、特に数が多かったのがヴィオラ・ソロリア 'フレックルズ'でした。放っておいても、どんどん増えているそうです。その上、蟻さんが種子を運ぶのか、庭の至るところに顔を出していました。その姉はケータイで撮影することにも目覚めたらしく、大量に写メを送ってきます。決まり文句は「これ、何すみれ?」。ケータイ内蔵カメラですと上からの構図が多くなり、表示される写真のサイズが小さいこともあって意外に判別が難しいのです。根負けをして、すみれの図鑑を贈呈することにしました(笑)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・ソロリア 'プリセアナ'

 細い樹の根元に中心が青くて周囲が白い花が咲いています。放っておく、どんどん増えてしまうすみれの一つ、ヴィオラ・ソロリア 'プリセアナ'です。実は、その右にタチツボスミレも花を咲かせていますが、大きさと派手さでは全く敵いません。
 この鉢にはヴィオラ・ソロリア'アリスウィター'が育っていたのですが、鳥さんが運んだと思われるマンリョウ(万両)が林を作ってしまいました。そこに兄弟分のすみれが飛び込んで花を咲かせている訳です。庭がとても狭いので樹木を植えることは稀なのですが、いつの間にかアオキやユキヤナギが大きくなっていることが多々あります。鳥の貢献度は高いということでしょうね。すみれの場合、自分で種子を弾き飛ばすか、蟻に運んでもらうという程度の移動距離ですから、スミレ科が世界各地に分布を拡げた努力は並大抵ではありませんね。(=^_^=)


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・パルマータ

 返り咲きです。やっと、きちんとした体裁を保って咲いてくれました。葉が写り込んでいないと分かり難いかも知れませんが、これはヴィオラ・パルマータです。真夏を除いて、ずっと咲き続けているヒバントゥス・コミュニスやヴィオラ・バンクシイは別格でしょうが、日本のすみれたちは、根性の点で外来種に負けているかなぁと思いますが、きっと繊細なのだということにしておきましょう。
 やはり、気温が低いためか、蕾を確認してから開花までは相当の期間を要しました。これでは、小さい変形の花が咲くのかなと訝っていましたが、ちょっと細身という程度でほぼ正常花です。太陽の位置や背景の色合いから座りの良い場所を探したら、ホトトギスの前が空いていましたので、ちょうど秋の風情も出るだろうといっしょに撮ることにしました。う~ん、ちょっと負けちゃったかな。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック  すみれを楽しむ
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]