忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
スミレ

 あちこちで濃い紫色のスミレが咲いていました。やまなみハイウェイ(湯布院の水分峠から阿蘇の一宮町を結ぶ県道)の各地で撮影したものです。それで、おまけでキスミレが写り込んでいますね。(⌒▽⌒)
 この道をすみれの季節に何度か走ってみましたが、楽しいドライブを満喫できます。代表的なスミレやキスミレのみならず、シハイスミレやフモトスミレ、マルバスミレ、アカネスミレ、チシオスミレ、ニオイタチツボスミレ、ナガバノタチツボスミレ、ニョイスミレ等々、簡単に目に留まる種だけでも枚挙に暇がありません。「すみれ街道」とでも呼びたいところですね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
PR
オオタチツボスミレ

 明るい林下に咲くオオタチツボスミレです。やはり、名前が示す通りの大きいすみれで、周辺の草丈が大きい植物たちに混じっていても、それなりの存在感があるようですね。この辺では、どこでも見られる種だと言えます。
 撮影地は奥入瀬渓流沿いでした。移動しても移動してもオオタチツボスミレやナガハシスミレばかりで、どこでも目につくはずのタチツボスミレの立ち位置を奪って席巻しているが如くです。席巻というより、元々、そういう土地柄なのでしょうね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
アオイスミレ

 杉林に咲くアオイスミレです。これは、もう10年以上前に撮影したものですが、存外、よく写っているものですね。なぜか、今まで埋もれていました(笑)。
 同時に、花や葉の配置バランスが良かったのではないでしょうか。つまり、これは腕でも何でもなくて、たまたま、そこに通りかかったという偶然の産物という側面は大きいものです。植物たちとの出逢いと撮影は常に「一期一会」かな。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
オオタチツボスミレ

 オオタチツボスミレは各地で観察できますが、福井県と石川県の県境で出逢った鮮やかな個体群が記憶に鮮明です。まだ、草丈が短い状態で気温が上がったため、急遽、花を咲かせたという様子でした。
 雪国では普通種であり、目立つというイメージのすみれではないのですが、実はご依頼を受けて、ある小雑誌の表紙用画像として提供したことがありました。とても楽しかった旅を思い出させる個体群です。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
タチツボスミレ

 とても魅力的なタチツボスミレだと思います。このサイズに縮小してしまうと表現しきれないモドカシサがあるのですが、花は端正な顔立ちをしていて、先端にいく程に赤みを増す距を持ち、小さめの葉は艶を放っています。
 撮影地は石川県の海岸に近い松林が開けた明るい丘で、実はオオタチツボスミレの方が数では優っているような場所。この日、ボチボチの距離を移動しなければならない事情があって、じっくり歩き回れなかったのが残念でした。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ニョイスミレ

 ニョイスミレは沢沿い等の湿気が多い場所を好むすみれですね。沢に限らず、少しでも高低差があれば雨水は流れる訳で、そうした路傍の流れに沿って細長く群生している様子を見かけることがあります。
 撮影地では、湿気を保持できる苔の上に陣取って、水たまりに沿って更に陣地を増やそうとしている馬力のある個体を見かけました。撮影から半月程経過しちゃっています。今頃は、この一帯の大将になっているかも知れません(笑)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
アカネスミレ

 明るい斜面に咲くことが多いアカネスミレがゲンジスミレの近くで咲いていました。他の自生地でも、この両者は近くで見られる種です。記憶を辿ると、他にはヒゴスミレやアケボノスミレ、エゾノタチツボスミレが近くに咲いていました。
 写真1枚目の右下に見える白くて丸いもの、少し分かり難くて困っているのですが、実は桜の花びらです。日向に咲くと、どうした訳か、こじんまりとまとまる傾向がありますよね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヒメスミレ

 3月26日には蕾がちらっと見えただけだったヒメスミレが満開です。駐車場の端のほぼ同じ角度から撮影してみました。今年はよく咲きましたねぇ。
 この位置ですと、大きい一眼レフタイプのカメラでは扱いにくいので、タフさが取柄のコンデジで撮影しています。手持ち撮影ですが、試しに動画も撮影してみました。画像をクリックしてみて下さい!


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
アオイスミレ

 良かった。アオイスミレが咲いていました。咲き出す時期が一週間程度はズレることがあるので、まだ蕾でしたぁ!ということもある訳です。丁度良い時期に来たようですね(撮影は22日)。
 丹念に探したところ、周辺にもポツンポツンと咲いていることが分かりました。ここでは群生することはありませんが、毎年それなりに開花株を観察することができます。相変わらず、丸い顔をしている変わり者です(笑)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヒメスミレ

 アツバスミレが咲く駐輪場から余り遠くない位置にある駐車場の端に、毎年ヒメスミレがたくさん咲きます。ここも巡回してみたのですが、さすがに花はまだでした。
 駐車場の端、こんな角度から撮影すると環境が分かりやすいですよね(笑)。毎年、同じ場所から芽を出すためか、暦年の積み重ねでこんもりしているようです。少し蕾がありましたので、今日辺り、幾つか花が咲き出していることでしょう。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]