忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3] [4]
ツマグロヒョウモン

 今年、近隣ではツマグロヒョウモンが極めて少ないようです。駆除数は数えられる程度、飛翔している姿を見たのも数回。それなのに庭で蛹化した個体がいたんです。実は幼虫がおしりを葉にくっつけている段階で見つけたのですが、もう食い散らさないことを知っていましたので、そのまま放置していましたら、あっという間に蛹になりました。
 蛹には銀色に光る金属質の突起が二列に並んでいます。オオゴマダラの金色の蛹も光沢感がありますが、不思議な現象ですよね。予想通り、8日間程で羽化しました。鉢ごとケースに入れておく方法はかわいそうな気がして、今回は放っておきました。すると、よく晴れた朝に抜け殻になっていました。2枚めの成虫は数年前のストック写真です。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
PR
ムシトリスミレ

 時々、スミレ科ではないのに「スミレ」という名前を持つ植物が登場します。これはタヌキモ科のムシトリスミレですね。改めて資料に目を通すと、上弁が二裂、下弁が三裂とありますので、花びらは2枚ということらしいです。まくれ上がった葉の表面がネバネバしていて、羽虫などがくっついて、これを養分にします。
 クモマスミレ、キバナノコマノツメの他に、周辺でミヤマツボスミレも見掛けました。更にオオタチツボスミレ、ミヤマナガハシスミレ、ミヤマキスミレも自生しているそうですが、標高が違うのか、見当たりませんでした。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
スミレ岩桐草

 トレニアに続いて、やはり一見はスミレ科の植物に見えることがあるスミレ岩桐草です。もう育て始めて10年以上の期間が経過しています。どんどん大きくなってしまうので、次々鉢の大きさを変えてきました。それに呼応するように花の数が増えていたのです。
 ところが、今年は様子が違っているのです。実は、この写真は今年のものではありません。同じ時期だというのに、今年は、まだ花が一つも咲いていません。蕾は少し出てきましたが、開花が遅れていると言うよりも、株が貧弱化していて、辛うじて蕾が形成されている状態です。春に肥料が多く与え過ぎたのかとも思いましたが、いつもと同じ場所においていたにも関わらず、夏の日差しが強すぎ、その上、何度か水枯れに近い状態があったと記憶しています。やはり、今年の夏は猛暑で植物にとっては過酷だったのだろうと思います。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
トレニア

 夏スミレと呼ばれる通り、遠目にはスミレ科の植物に見えることがあるトレニアです。この写真ですと、まるで白いコヒルガオのような風情ですが、コヒルガオよりもっと小さい花ですね。夏の花壇でよく見かけるようになりました。日本の冬を越すことはできませんが、翌年、こぼれた種子から芽が出て一年草のような生活をするのだそうです。
 青紫、赤紫、ピンク色などの花を見掛けますが、真っ白い花は少ないなぁと撮影してみました。街角でプランターなどから満杯になって膨らんでいる姿をよく見かけます。実は、発芽後の一定期間は比較的成長が遅いのですが、夏になると一気に成長する傾向があるそうなので、ついつい多めに植えつけてしまうのかも知れません。栽培適温は15℃以上とのことですから、もう少しの間、目を楽しませてくれるのでしょう。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
公開講演会

 昨日、東京大学の弥生キャンパスまで公開講演会を拝聴するために出掛けました。テーマは「生物多様性観察・評価・予測研究の最前線」。おもしろかったのです。半数は若い方の発表でした。
 やはり、気になるのは遺伝子解析の話題です。10年余り前に行われた「ヒトゲノム計画」 は巨大国家プロジェクトでしたが、現在は一研究機関で2週間もあれば実現できるそうです。そんな技術で、採取またはハーバリウムに保管されている標本を次々にシーケンサーにかけて、膨大な量の解析結果を用いて分析を行う。これは贅沢の極みかと感じられましたが、若い研究者が事もなげに説明する訳ですよ。時代は着実に変わっていますね。その研究者が「目には見えない変化(生物進化)が(常に激しく)起きている」と語っていました。毛が生えたり、葉が厚くなったりすることだけが進化ではなく、代謝や休眠能力など、見た目ではわからない部分こそが重要なのかも知れません。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
セントポーリア(アフリカスミレ)

 さて、今回もすみれという名前がある別の植物ですね。セントポーリア(Saintpaulia)という名前が最も浸透しているような気がします。広い視野ではアフリカンバイオレット(African violet) という呼び方もが浸透しているらしいのですが、イワタバコ科セントポーリア(アフリカスミレ)属に含まれる植物の総称ということになっています。
 一時、大きなブームがありました。あちこちで展示館が催され、時々出かけましたが、ニーズが高くて、お値段も高くなっていました。現在は少し落ち着いて、一般の園芸植物として流通しています。総称と表現されている通り、近縁の原種が多く知られます。その変種もあり、多彩な花を咲かせる派生の園芸品種数は万単位にのぼるそうです。熱さにも寒さにも弱くて、強い日差しも避けて育てるとか。難しいようなので育てていません。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
スミレ岩桐草

 年々株が充実して、ついに小型プランターに植え替えたところ、こんもりと盛り上がってしまったスミレ岩桐草です。もう少し小さい株の時に大量に花を付けたので、今年はとんでもないことにあるのかなと期待していたのですが、まぁ、普通に見えますね。葉の数が多くて、その比較上、普通に見えるのかも知れません。
 今の出窓に居座って、もう8年程になるようです。葉が枯れたら除去して、大きくなったら植え替えるのは当然ですが、ほとんど手が掛かりません。葉や植物の性質は、同じイワタバコ科のセントポーリアに似ていると思います。因みに、セントポーリアはアフリカスミレ(Saintpaulia, African violet) と呼ばれていますね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
トレニア(夏すみれ)

 鮮やかな色の花がいっぱい咲いています。「夏すみれ」と呼ばれるトレニア(コマノハグサ科トレニア属)という非耐寒性多年草ですね。熱帯アジアやアフリカ原産の植物の末裔ですから、日本では冬越しができないようで、一年草的な扱いになっています。これは先週撮影したもので、花期がとても長いことが分かります。
 この他に白い花を見たことがあるのですが、黄色系もあるそうですね。実は、同属との交雑種もあり、また、人為的に突然変異を誘発する方法や遺伝子組換えなどが容易な性質を持っているそうで、幾つかの手法を組み合わせて、短期間で驚くほど多くの変異を生み出すことができるとか。今後、より一層カラフルで多彩なトレニアが花壇を彩るようになるのでしょうね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ブラウザ対応言語

 サイト改造を実施してから、ほぼ1ヶ月になり、異変が起きていないかと心配していましたが、どうやら大丈夫らしいです。この過程で、普段ほったらかしのアクセス解析を改めてチェックして見ました。実は、アクセスカウンターがいきなり増えて、何が起きたのかと驚いたのが発端でした。おそらく、増えたのではなくて、正規にカウントできる環境になったという認識が正しいようです。

 上記の表は8月23日から本日午前中までの期間で「ブラウザ対応言語」という項目を集計したものです。

 アクセス解析プログラムが設置されたサイトに訪問者がどんなブラウザを使用してアクセスしているのかなどの情報が、アクセスフィードバックを利用してログされています。表に記載された言語名は、例外もありますが、その言語圏からのアクセスだと(原則として)考えて良いでしょう。最近、ついに日本語ブラウザでのアクセスが80%を切ってしまいました。検索エンジンで万国共通の学名(ラテン語)をキィワードにしてアクセスしている方が多いのだろうと考えられます。それにしても、バライエティに飛んでいますね。英語、中国語、フランス語、ドイツ語、韓国語、ロシア語、ブルガリア語、ポーランド語、その他少数派(6件)。最後のその他って項目が気になりませんか。以前に見た時には、デンマーク語、チェコ語、オランダ語、スペイン語、それからツバル語もありました。単純な記号もあったのですが、「*」や「nb」って、どういう意味でしょうね?


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
スミレ岩桐草

 わ、新手の外来種か!と慌てないで下さい(笑)。確かに中国からの外来種らしいですが、スミレ科の植物ではありません。山地の渓流などで見られるイワタバコの仲間で、「スミレ岩桐草」という名前で流通している園芸種です。毎年、パンジーがやっと登場するような時期に、とてもスミレっぽい花をたくさん咲かせて楽しませてくれるのです。
 特別な世話はしていなのですが、年々株が大きくなってコンモリとしています。実は和名に納得していません。岩桐草は西日本に自生する谿流の野草で、岩肌にしがみつくように生えて桐に似た花を咲かせる草です。その名前を引継いだスミレに似ている種ということですが、同じイワタバコ科でも属は違うのですから、相当無理があります(笑)。この時期の楽しみに育て続けようと思っています。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック  すみれを楽しむ
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]