忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3] [4] [5]
ヴィオラ・ラブラドリカ

 タネがたくさんできるなぁ、と感嘆してしまうラブラドリカです。アリアケスミレ等は閉鎖花から比較的多くの朔果ができますが、このすみれは通常花からもガンガン朔果が上がってきます。繁殖力が旺盛なのでしょうね。
 さて、このラブラドリカですが、たまたま、ご近所さんが育てていました。何という種か、名前を尋ねられて、当時は、この外来種を知らなかったんですねぇ(笑)。その後のことですが、「雅スミレ」というタグにつられて、ついつい買ってしまいました。皆さんも気を付けましょうね。・(`▽´)・

PR
ヴィオラ・バンクシイ 'ベィビー・ブルー'

 今回から、やっと東京のすみれ展の話になります。この空色のすみれには感激しました。この魅惑的な花は、話として聞いたことがあるだけだったヴィオラ・ヘデラケアの'ベィビー・ブルー'です。数多く流通しているものとは随分イメージが違いますね。
 ところで、'Viola hederacea 'という学名ですが、2004年には'V. banksii 'に変更されています。タイプ標本と流通品とが異なっていることがわかりました。コタチツボスミレの場合と似たような話ですね。現段階では多くの書籍やwebサイトが古い情報のままです。
 気になるのですが、タイプ標本が示す本当のヘデラケアはどんなすみれなのでしょうか。

ヴィオラ・ルペストリス 'ロゼア'

 神奈川のすみれ展で撮影させていただいたバラ色と称される外国種です。以前、育てていたのですが、とても晴れやかな紅紫色の花を咲かせてくれます。その頃、ヴィオラ・アレナリア 'ロゼア'という名前で購入しました。
 かわいらしい花を咲かせる丈夫な種ですので、栽培品を良く見ますが、ここの株は元気ですね。ここでは大きな株が展示されています。想像ですが、直前で植え替えられていると思います。一般に、素焼きの小さな鉢で育てられてい るので、こじんまりと育つ点は良いのですが、やはり表情は貧相です。
 自宅の庭は狭くて厳しいのですが、最近は一回り大きくて深い鉢で育てる環境に少しずつシフトしています。

ヤマツクシスミレ

 南からすみれ展が始まっていますが、関東で一早く開催されるのが神奈川県立フラワーセンター主催の展示会です。植物園ですから、四季の植物を展示している訳ですね。たまたま季節ものであるすみれを、鉢で屋内展示していると理解して下さい。
 さすがに育成のプロで、そつなく育てています。今年は開花日の調整が難しかっただろうと思いますが、十分な鉢数を揃えていました。バックヤードには最終日までの予備鉢があるのだろうなぁと考えてしまいます。
 この可愛らしく並んだ微毛のあるすみれはヤマツクシスミレという和名をもらった "Viola diffusa ssp. tenuis" という外国種で、主に東アジアに自生します。この会場一番のお気に入りです。

最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]