忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3] [4] [5]
ヤマツクシスミレ

 この春に鹿児島の自生地を訪ねたツクシスミレの亜種とされ、とても良く似た外観を持つヤマツクシスミレです。ツクシスミレと見比べて、すぐに分かる違いは花色が多少濃いめであることと、花茎に粗い毛が目立つこと程度でしょうか。今年も出展されていて嬉しい、私のお気に入りです。
 この仲間は東南アジアに数種が知られているだけの小さなグループです。数少ない情報源が正しければですが、染色体数についてツクシスミレは2n=26という特徴的な値で、一方のヤマツクシスミレは2n=74という大きい値を示して差異があります。一般に亜種は環境的隔絶などによって生じる訳ですが、両者は東南アジアの隣接地域に自生するので何か違和感がありますね。

PR
ヴィオラ・ソロリア(フレックルズ)

 すみれの展示会では、外来の園芸種などの鉢も並んでいます。これはお馴染みのヴィオラ・ソロリア(フレックルズ)ですね。白地の花弁に紫色の絵の具を霧状にして吹き掛けたような斑がチャームポイントです。小学校の図画工作の時間に、水彩絵の具で吹き掛けをやった記憶が甦ります。
 斑点の大きさや密度には個体差が出ますが、概ね、上品なイメージを醸し出してくれます。このような模様を「吹っかけ絞り」と呼ぶようです。朝顔や椿、マラコイデスなどの園芸種で稀に見掛けました。他のすみれにも似た柄の花が咲くものがあるでしょうか。もし、あるようならば、フレックルズと並べて眺めてみたいものですね。

オオタチツボスミレ

 尾瀬近辺まで足を運びますとオオタチツボスミレに出逢うことができますね。不思議なもので、オオタチツボスミレが見られる地域ではタチツボスミレは余り見られません。勿論、例外もある話です。
 オオタチツボスミレはいろいろな環境に自生するので、オオバキスミレやミヤマスミレが特定の位置に自生するのに対して、あちらにもこちらにも咲いていました。もうすみれの花は終わってしまった下界から登ってきて、準備を整えて山道を歩き出す、その一歩目にも咲いています。良く来たね!と迎えてくれたようでした。

スミレサイシン

 尾瀬にやってきました。ここは高原と言うより、高層湿原ですね。群馬、福島、新潟の県境にあり、実は栃木県にも近いポイントに位置しています。
 登場するのは日本海側に多いすみれたちと、高層湿原ならではのすみれたちです。前者のスミレサイシンですが、なかなか綺麗ですよね。こんな感じで咲いている時間は存外短く、風に吹かれれば簡単に花弁が落ち、雨に降られれば色落ちするような儚さを持っています。撮影地ではウマノスズクサ科のウスバサイシンと隣り合わせていて、同行者に命名の由来を説明するには好都合でした。(^^*)

ヴィオラ・ラブラドリカ

 締めを担当するのは、冬場にも花を咲かせてくれるヴィオラ・ラブラドリカです。このすみれが持つ渋い明るさがとてもお気に入りなので、タネを取り蒔きして株を増やし、鉢を屋外と室内で育て分けをしているのですが、残念ながら、この冬は花がまだ咲いてくれません。
 赤紫色の花と白くて太い距のコントラストが絶妙。加えて赤茶色から錆(さび)色、鈍(にび)色とでも形容できそうな葉を持っていて、実は和風な感じもするのですね。ここは錆朱(さびしゅ)色のバックで撮ってみました。(=^_^=)

 年内滑り込み組パート3で、本年は打ち止めです。

ニオイスミレ (Viola odorata)

 少し変わった色の小さな花が咲いています。混み合うように多くの葉が見えますが、一部の地上茎は木質化していますね。これはニオイスミレ、英名では"Sweet Violet"と呼ばれます。
 欧州では、陶磁器等のデザインにスミレが用いられることも多いのですが、ほとんどの場合、この種がモチーフになっているようです。ハーブであり、アロマオイルを得る農産物という側面もありますね。
 濃い青紫色が一般的ですが、日本の家菊や朝顔のように盛んに改良が行われた時期があって、色も形も、芳香さえも多種多彩な無数の園芸品種群を構成しています。あら、なにか、カタログ説明みたいな話になっちゃいましたね。(^.^)

ソロリア (スノープリンセス)

 意識して並べると、白い花を咲かせるすみれはとても多いですね。その中でも、このスノープリンセスは名実ともに「雪」のイメージを醸し出す代表格ではないでしょうか。古い写真なのですが、シラユキスミレを退けて最終ランナーに選んでみました。
 ただ、このソロリアという北米のすみれたちは強健である上、日本の環境がお気に召した様子で、野山でも幅を利かせて野生化の一途を辿っています。まるで琵琶湖で繁殖するブラックバスやブルーギル、というのは過剰表現ですが、安易に持ち込むべからずという点では共通でしょうね。

ヴィオラ・ルペストリス 'ロゼア'

 薔薇色と称されていますが、和風に紅色と言っても差し支えないように思われるヴィオラ・ルペストリス 'ロゼア' です。馴染みのある姿ですが、ヨーロッパから中央アジアに分布して、アイヌタチツボスミレの仲間とされています。
 以前、ヴィオラ・アレナリア 'ロゼア'と呼ばれていたという話は知られていますが、学名(種小名)の意味を見るとおもしろいことがあります。"arenarius" は「砂地に生ずる(好む)」という意味ですが、"rupestris" は「岩上に生ずる」なのですね。学者の都合で学名が変わるのは良いのですが、困ったことにすみれが好きな場所が変わってしまいました(笑)。

ヴィオラ・ラブラドリカ

 湿気が多くて、どんよりした初秋です。この時期は病害虫が発生しやすいので、鉢などで育てている方は注意して下さい。
 さて、日課になってしまったツマグロヒョウモンの駆除をしておりましたところ、小さいながら、紫色の花が二つ咲いていました。ラブラドリカですね。夏を過ぎてから花が咲いたのですから、これも返り咲きなのでしょうか。
 これからは、すみれたちにとっても気持ちの良い季節になってきますので、地上部が枯れるまで肥培して株を充実させたいところです。そういう観点で見ると、返り咲きは翌年の開花に影響するのでしょうか・・・。まぁ、どうってことはないような気がします。

ヴィオラ・ペダータ

 今度は地震と大雨・・・、被災地がまた新潟近辺とは、どうしたことでしょう。

 現在は花が終わってしまいましたが、6月下旬に購入して、しばらく棚で咲いていたヴィオラ・ペダータ(鳥足スミレ)です。改めて目にしますと、比較的大柄な花ですね。また、よく考えると、こんな時期に売っているというのも洒落ています。
 これまで2年目に咲いたことはあるのですが、3年目に芽を出したことがありません。きちんと植え替えをしないまま、比較的に湿気の多い環境に置いていたかなぁと反省しています。栽培に供する面積が狭くて、すみれたちの生育特性に合わせて環境を分けることが難しいのですが、今後はもう少し意識してみたいと思います。

最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]