忍者ブログ
趣味のサイト「すみれの部屋@(花の写真館)」のすみれ通信「徒然草=つぶやきの棚」をブログで…---☆
<< 2019 / 10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
[1] [2] [3]
フイリハグロスミレ オグラスミレ

 さて、左は最初に登場したフイリハグロスミレ(フイリヒカゲスミレ)です。そして、右はオグラスミレだそうです。無理を押して展示会にやって来た理由は、このすみれの出典情報でした。
 葉の色合いや形状(と微毛の具合)が若干違っていますが、花は細部まで見ても違いを見出だせない代物です。情報によりますと、しっかりした稔性まであるのだとか。一昔前にオグラスミレとされる個体と出逢い、もう一歩詳しく知りたかったのです。葉の印象の差異については分かりましたが、他には?とついつい追いかけてしまいます。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
PR
春爛漫 ヤマツクシスミレ

 幾つかあるキクバノジスミレ・春爛漫の鉢には、どうも侵入者が多いようです。この鉢にはヤマツクシスミレが飛び込んでいました。ヴィオラ・アルベンシスにしてもヤマツクシスミレにしても、小さくて経済的な花を多く咲かせて大量の種子を飛ばし捲り、繁殖力旺盛です。長時間の観察が目的で栽培していますので、こうした侵入者も、敢えて見逃しているところがあります(笑)。かわいいですしね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
春爛漫 ヴィオラ・アルベンシス

 ヴィオラ・アルベンシスが咲き出し、追いかけるようにキクバノジスミレ・春爛漫が蕾を開き始めました。レンズからの距離はほぼ同じですから、これだけ花の大きさが違うということですね。
 アルベンシスは、飛ばし捲った種子から勝手に生えた株です。一方、春爛漫は、昨年は花が少なくて早めに植え替えをして復活を期した株でした。外観も性質も、そして歴史も異なるすみれたちがいっしょに咲き出した春です。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
アケボノスミレ,ゲンジスミレ,アカネスミレ

 上から少し広い範囲を撮影しましたので、一つ一つのすみれたちが小さくなってしまいましたが、何が写っているでしょうか。アケボノスミレの花が3つ、ゲンジスミレが2つ、アカネスミレが2つというところかな。
 ここは時々出掛ける自生地で、この他にも花期が若干異なるエゾアオイスミレやエゾノタチツボスミレ、ほんの少し離れた場所ではイブキスミレやエイザンスミレも見られます。混生地ですが、ここで見かけた交雑種はナガバノアケボノスミレだけです。それでいて、ここでナガバノスミレサイシンを単独で見かけた記憶がないような・・・(笑)。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ポット苗のすみれたち

 この時期になると園芸コーナーに出廻るポット苗のすみれたちです。これはお馴染みかと思いますが、栄花園さんが流通させている苗ですね。写真は日曜日の撮影。土曜日に購入した苗については、うまく咲いてくれたら掲載するかも知れません。こうして時間を見つけて走り回って喜んでいるという訳です。
 ところで、「スミレ(ゆうぎり)」は良いのですが、左の「ヒメスミレ(桃色)」は困ったものですね。おそらく、ベニバナナンザンスミレか、いづれにしても濃紅色のヒゴスミレに近縁な系統だろうと思います。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
タチツボスミレとアカネスミレ

 4月中旬の高尾山です。昨年の枯れ草の合間から、極めて淡い色合いのタチツボスミレと赤紫色のアカネスミレがまとまって咲いていました。へぇ~と、何枚か撮影してみたのですが、まるで自然に作られたフラワーアレンジメントのようで楽しくなります。野山を歩いていますと、こんな絵のようなスポットに出逢うことがあるので、ますます止められなくなってしまいます。
 昨年は、この撮影場所付近でシロバナツクシコスミレの群落が本当に絵のように咲いていました。目線の少し上で目立つ場所でしたので、そこを通過した多くのハイカーの目に触れたことでしょう。ところが、たまたま同じ群落を見た友人の話では、上りで見た後に下りで目をやると、そこには穴が開いていたと怒り心頭でメールを送ってきました。独占欲に勝てなかったのでしょうね。困ったことです。


[お知らせ] コメントを集約させて下さい。
いただいておりますコメントですが、分散するより集約した方が良さそうな気がします。
できましたら、以下のサイトの画像掲示板をご利用いただけますようお願いいたします。
<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・アルベンシスとヴィオラ・バンクシイ

 すみれの季節は終わったのかというと、庭では一部の種が花を咲かせています。小さな花をたくさん咲かせているのは、今年播種したヴィオラ・アルベンシス。その横で丸い葉を茂らせているのは、もう数年越しになるヴィオラ・バンクシイという、とてもユニークな組み合わせです。
 別鉢のヴィオラ・アルベンシスは4月から咲いていました。小さな種子を大量に飛ばしまくるので、どうしても他の鉢に侵入して、我が物顔で草丈を伸ばしています。この株は最近になって花が咲き始めたのですが、まだまだ咲き続けそうですね。一方、ヴィオラ・バンクシイは冬に完全に消えてしまって、もうダメかと思っていましたが、4月に小さな芽を出して、やっとここまで育ちました。この様子では、これから最盛期に突入するのだろうと思います。


[お知らせ] コメントを集約させて下さい。
いただいておりますコメントですが、分散するより集約した方が良さそうな気がします。
できましたら、以下のサイトの画像掲示板をご利用いただけますようお願いいたします。
<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
スミレとベニバナハリマスミレ

 庭の棚では、時折、思い出したかのように返り咲きが見られます。返り咲きの話題は今秋2回目ですが、前回は「賑わいの棚(55)」としました。今回は、今後も返り咲きが見られることを期待して、改めて「返り咲き便り(1)」としてみました。どうなることやら・・・。
 向かって左側は紅色が強い千葉産のスミレ、右側は市販のベニバナハリマスミレです。う~む、そっくりですね(笑)。手元で細かく見比べてみるのですが、花にも葉にも大きな違いはありません。敢えて言えば、距の感じが少し違う程度です。ハリマスミレは花びらの外側が白っぽくボケる特徴があるのですが、たまたまスミレの方もボケる型でした。双方とも、一般にもう少し青紫色なのですが、たまたま双方とも紅色が強い花・・・。そんな2種が同時期に返り咲きしてしまった訳です。因みに、ベニバナハリマスミレは別の株でも蕾が膨らんできました。呼び合うのかも知れませんね。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
シロコスミレと春待草

 引き続き、二年前の4月に改めて撮影したシロコスミレと春待草、紅色の花はベニバナナンザンスミレの「くれない」かな(?)、です。改めて、並べて みましたら、マメに毎月撮影していたものですね。春待草はご覧の通り、更に更に大きくなって、大量の花と大きな葉をつけて、このまま初夏まで元気に咲き続けます。まぁ 、花期が半年もあることになりますね。
 この時期になると、春待草は背景のような存在になって、他のすみれたちを盛り上げる役目に徹しています。その舞台で、プリマドンナ役のシロコスミレ が雪のように真っ白い花のベールと青竹のような緑色の葉の衣をまとってダンスを踊っている、そんなイメージが頭に浮かび上がって来ました。えへへ、子供の頃から、こん な夢想がけっこう好きだったんです。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブ ログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
ヴィオラ・オドラータ

 決して栽培がうまい訳ではないのですが、観察を主目的に、ある程度育てています。これまでに掲出できなかった写真がありますので、撮影した年を気にせず、春の棚より、まとめてお届けです。
 さて、この賑やかな棚は二年前の1月の様子です。中心はヴィオラ・オドラータですが、出窓で花を咲かせてしまいましたので、まだ気温の低い室外に持ち出しました。向かって左側はパンジーたち、そして右側は枝咲きのスミレです。このスミレですが、見事に枝分かれしていますね。被写体のすみれたちは出身地がばらばらながら、皆、それぞれに株立が良くて、花の少ない寒い季節に目を楽しませてくれました。


<紹介> 花の写真館からすみれの部屋の一部コンテンツをブログで再現しています

<参考> 用途別に! 日本のスミレ増補改訂  スミレハンドブック
最新コメント
[01/01 アッキーマッキー]
[05/26 ぐーちゃん]
[05/25 ぐーちゃん]
[05/10 ぐーちゃん]
[03/21 KLX]
最新トラックバック
ブログ内検索
プロフィール
HN:
NYAN
性別:
男性
自己紹介:

すみれ大好き人間やってます

忍者あど
登録サイト
カウンター&アクセス解析


忍者ブログ [PR]